FMJ電話番号:092-863-5553
FMJメールアドレス:fmj@freeman-joyus.com
FMJにメール!
トップページに戻ります
FMJは福岡県大野城市山田にあります!
新作・人気アイテム満載のFMJオンライン・ショップ
一緒にいい汗かこうぜ!
もしかしたら君も写ってるかも!?
和気あいあい掲示板!
STAFF BLOG









いつも楽しい仲間に逢える
ジョイアス・イベントアルバム
いままでに開催したジョイアスのイベント・アルバム+簡易レポートです。
でもっとたくさんの写真を見ることができます。

あまりに写真が多いと表示が重く(遅く)なるので、ホドホドにしてます。
「まだまだ見たい、自分の写真が見たい」という場合は、直接ショップまでお越し下さい。

実はものすごい量の昔のアルバムがあるので、新しいモノから順に
整理していきたいと思っています。。。ガンバリます(汗


2018 2015
2008 2007 2006 2005 1980-89

2007年

2007
1/28
 OFFロードツーリング
 前日の予報は、「雨50%、山間部は積雪するでしょう」
当日、なんと23台が集合。皆んなアホやん!
しかし心配した雨も殆ど降らず、山中の積雪も1センチ程度。スムーズに午前中のメニューを消化して福吉漁港に到着しました。
炭火で暖まりながら、パカッと殻を開けた牡蠣にポン酢描をかけて「あむっ。」殻に残った汁をすするともう堪りません。
そして午後からもフラットダートを駆けてまいりました。
数台のリタイヤは出たものの、大きなトラブルは無く、PM5:30に現地解散となりました。

2007
2/4
 ONロードツーリング
  in多良・島原
 数日前の雪に峠凍結のおそれを感じ、鳥栖市内から佐賀市内を抜ける単調なルートを選択。でも有明海の湾岸道路に入ると、のどかな風景と潮風に心を癒れます。
早々と多良町に到着し目的の牡蠣と蟹汁、さらに美味しいお米の特大おにぎりに満腹!
食後は暖かくなって来た陽射しに駐車場で暫しのんびり。
午後からは気温上昇に気転をきかした引率者が島原半島を外周する起伏の少ない峠ルートに侵入。
時折出現する緑化した路面に不安を感じながらもワインディングを満喫し、多比良港からフェリーに乗船。
船に群がるかもめの仕草に和みながらの帰途となりました。

2007
3/25
 OFFロードツーリング
 今回はちょっとだけ足を延ばしました。
参加者は17歳〜68歳までの9名??
前日の雨で濡れた坂道は1度止まるとつるつると発進に手間取り、雑草の中に隠れた石ころにはタイヤを跳ねられながら、軽いヒルクライムとガレ、そしてフラットダートを満喫して来ました。
所々には三分咲きの桜、河川敷には菜の花が満開で、移動間の舗装路も楽しませてくれます。
途中2台のマシントラブルも皆が携帯した工具と知恵でなんとかリカバリーして無事に駆けてまいりました。
そして68歳の衰えを知らぬやんちゃさと、17歳のみずみずしい輝きに力を頂いた1日でした。

2007
4/1
 ONロードツーリング
  in平戸
 桜の花びら舞う中を、颯爽と駆け抜けて行くシチュエーションを夢見ての企画でしたが、予報は午前中は曇、午後は雨・雷。
しかし今を逃すと桜が舞い終わってしまう!と決行を決断。
当日空には重たそうな雨雲、でも小城のPAには11台が集合しました。
さぁ気合で出発! 雨具を着用する者しない者。
でも今回のルートは路面が濡れていてもワインディングが楽しい!
コーナーの侵入は十分スピードを落として余りバンクさせずにゆっくりアクセルオン。路面の文字や鉄板に気を付ければ、後はライディングの基本通りです。そして平戸大橋を渡る頃には晴れ間も覗き午後からの回復を予感させます。しかしドライブインで大盛りカレーを食べ終わると同時に外は大粒の雨に雷!帰るよ〜っ。再び雨のワインディングを楽しむ帰途なのでした?
悔しい!皆さん、5.20に同じルートでリベンジですぞ!

2007
5/20
 ONロードツーリング
  in平戸・生月
 前回、雷雨の為に中途でUターンを余儀なくされたルートをリベンジと題してのツーリングです。
今回は快晴!
長崎自動車道の多久西SAに集合して、西九州自動車道からそのまま峠に侵入します。
今回は車も少なく、路面のグリップ感やコーナーの見通しも良く、峠から峠へと軽快にワインディングを楽しめます。 えっ!もう平戸。
平戸大橋から生月大橋を経て12時前にはお目当ての海鮮料理を堪能です。
午後からは生月島の雄大な景色を望みながら島を外周し観光としばしのんびり。
そして再び橋から橋を渡って、峠から峠と駆け巡ります。
ペースもどんどん上がって、皆気持ち良さそうにコーナーに侵入して行きます。 えっ!もう唐津!
PM5:00には唐津のコンビニで解散。それぞれ各自のルートで帰途となりました。
全走400キロ、お天気良好、景色良し、食事良し、ワインディング良しの爽やか気分の1日でございました。

2007
6/3
 OFFロードツーリング
 辛くて楽しいOffロードツーリング!
AM7:30出発
舗装路70キロ走行の後ダートイン
1本目、2本目、3本目・・・2台の柿色さんがマシントラブルの為リタイヤ!
昼食を済ませ4本目、5本目、6本目・・・硬く閉ざされたゲートと副えられた花束に進入を断念。
一路メインステージに向かう。
ダート入口ですれ違う泥だらけの四駆が4台、運転手は笑ってる!
素晴らしいステージを用意してくれた予感!
軽い上りのにゅるにゅる黒土地獄にタイヤは空転、ブーツは埋まる。
20〜50cm代の石ころが敷き詰まるガレ場と交互に出現。
わずが数百メートのルート走破に約2時間?
頂上に辿り着いた頃には深い霧と夕暮れ! 寒む〜
前走者を見失わない様に一気に一気に駆けてPM8:30なんとかお店に辿り着きました。
辛かった! でも楽しかた?
やっぱりこれがOffロードツーリングやね。 でも皆んな生きてるかな?

2007
8/19
 OFFロードツーリング
 14台で行ってきました。
予定が急遽変更。
集合場所のコンビニでたっぷりと水分を補給し、更にバックには1リットル入りのスポーツ飲料を詰め込む。
フラットダートからガレヒルを駆け上がり、藪をくぐり抜けて、落ち葉が敷き詰まったふかふか急斜面を駆け(滑り)降りると、そこは風無き湿地帯。
あふれ出る汗、既にタオルはぐっしょり!
放尿の為に立寄った公園ではその必要も無く、売店でアイスとスイカをゲットして頬張る。
そしてまたフラットやガレのダートを次々、
昼食の後も藪の予定を変更して、フラット・フラットとダートを駆け抜けてPM6:00現地解散となりました。

2007
9/9
 ONロードツーリング
in山口
 今回は19台で山口県に行って来ました。
古賀SAに8時半集合。10時には下関の唐戸市場に到着です。早速にお目当ての回転寿しを予約して11時のオープンを待ちます。
市場の1階では沢山の魚屋さんが、寿しや海鮮丼などを料理して販売。
大勢のお客で賑わっています。早く食べた〜ぃ!
食後は海岸沿いを一路角島へ。
19台のバイクが角島大橋を渡る眺めは壮観でしたよ!
島の先端に位置する石造り灯台が在る公園では潮風に涼みながら暫しくつろぎ、秋吉台経由でワインデングを楽しみながら再び高速からの帰途となりました。
そういえば羊さん達の姿は見えなかったね?

2007
10/28
 OFFロードツーリング
 秋晴れに恵まれ、日中は少し汗ばむくらいの日和。
自走組みは若者3名に爺が2名。
トランポ隊にはおやじが6名(若者も居たかな?)にギャルが1名の計12台の参加となりました。

3年振りに駆けるダートは多少舗装化や藪化が進んでいるものの新鮮で楽しい。
いつもなら、にゅるにゅる黒土で走破に苦労する数箇所のダートも、お天気続きで全てなんなくクリヤーは残念だったけど、紅葉が始まり枯ススキが風に揺れる景色に包まれて、爽やかダートを駆けてまいりました。
爽やか過ぎてもう1本入りたかったけど、昼食のうどんも美味しかったし、トラブルも無く満足の1日でしたよ。

2007
11/23
 ONロードツーリング
in国東
 秋の3連休初日は行楽日和
大分自動車道山田SAには17台の仲間が集まりました。
今回は国東半島方面。随分久し振りの国道387は信号も少なく、
日出生ダムを右手に見るワインデングは景色も開けて心地良くリズミカルに走破!院内の道の駅で休憩の後、豊後高田へ。
迎えてくれた「昭和の町」では、ポケットには「めんこ」、手には10円玉を握り締めている幼い頃の自身が、街角から飛び出してきそうな気さえする。
今度は妻とのんびり来てみよう。
食後は国東半島の中腹のワインデングを延々と黙々と軽快に駆け抜けて別府から安心院へ、再び日出生台の峠を越える頃には日が落ちて厳しい寒さとの戦い。玖珠ICから帰途となりました。全走440キロは信号も少なく軽快で、距離を感じさせないルートでしたよ。


2018 2015
2008 2007 2006 2005 1980-89


(このページの先頭に戻る)